プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

就業規則の改訂準備してますか?

[ テーマ: 法律情報 ]

2013年2月27日08:11:54

おはようございます。
雨模様の東京です。
寒い日が続いていますが、
明後日から3月なんですよね。

さて、4月から高齢者雇用安定法及び労働契約法が
変わります。それに合わせて就業規則の見直しが
必要となっていますが、皆様の会社では対応
されていますか?

高齢者の方は、原則希望者全員65歳まで何らかの
形で雇用しなさいというものです。
そうしない方法も示されていますが、労使協定を
3月までに締結していることが要件とされていますから
何もしないで4月を迎えてしまうと、法律の原則が
適用されます。

人件費の問題や今までの上司が部下となって働くことで
不具合が出るということも言われています。
単に就業規則を変えるだけでは十分ではありません。

どんなふうにしたら最大公約数で働きやすい環境を
提供できるのか、検討していく必要があるのです。

労働契約法について、有期雇用の人の4月以降に締結される
契約からになりますが、5年が経ったところで労働者が
無期転換の申し出ができるようになります。

実質的に無期の様になっている有期契約の場合を除き
今までどのような目的で有期契約にわざわざしているのか
も含めて検討していく必要があると思います。

ただ、この度の法改正は例外が認められていないため
例えば1年ごとの受託業務のような企業にさえ、
無期契約が当てはまり、受託終了となった時に5年を超えていた
場合、期間満了ではなく「解雇」の問題となってきます。

「解雇」しちゃえばいいんでしょ!と先日ある方から
言われましたが、そう簡単でもありません。

今ここでどのような問題が起こり得るのか、企業によって
実情が違いますので実態に即して検討していく必要が
あります。

メンタルに関する就業規則の変更についても
実態に即して行うことが重要です。
ひな形を持ってきてこれで良し!とは言えないところが味噌です。

十分な検討をお願いします。


実は結構強烈労働契約法改正

[ テーマ: 法律情報 ]

2012年12月4日09:45:59

おはようございます。
今日も朝から雨。しかも雨足が強かったり・・・
こんなに冬って雨多かったっけ?って
感じがします。
事務所の所員も熱を出しています。
皆様もどうぞ気を付けてくださいね。

さて、今日は来年の春施行が決まっている部分の
労働契約法について少しだけお話ししたいと思います。

この度の労働契約法の改正は、大きく以下の3つです。

①無期労働契約への転換
②「雇止め法理」の法定化
③不合理な労働条件の禁止

すでに②は施行されています。
今まで裁判で判決として出ていた内容が法律化されました。

新しくできたものとしては、①と③でこの部分が来年の春から
施行になります。

よく話題に上るのは①です。
来年の4月以降の契約したものから、更新し続けて
5年が経った6年目に労働者に「無期契約労働者」への
転換申し込みができ、会社はそれを受けなければいけない
というものです。

1年ごとの契約だから、「景気が悪くなったら、今年で終わりね!」
としようと考えていたのに、6年以降になると、本人が希望し、
申し込みをしたら、有期契約労働者の雇止めではなく、
期間の定めのない労働者として解雇なり整理解雇を厳密に
する対応が求められます。

この部分も勿論大変な変更なのですが、実際に問題が起こってくるのは
6年先の話になります。

 

それよりも、早くに問題としていろいろ出てくるだろうと思われるのが、
③の「不合理な労働条件の禁止」です。

これは、有期労働契約者だからという理由だけで、正社員との不合理な
労働条件を設けることを禁止するというものです。

例を挙げれば、
・同じ仕事をしているのに時給換算すると全然金額が違う。
・慶弔休暇を正社員にしか与えていない。
・退職金を正社員にしか与えていない。

というような、今普通にあることがダメですよと言われる可能性が
出てくるのです。
どうでしょうか?
「え?!」本当にそうなの?と思われるかもしれませんが、
来年の春から即求められる可能性があるのです。

勿論、期間の定めの有無だけの理由でなく、合理的な理由が
あれば、差異は認められます。
時給の問題にしても、正社員は転勤もあるし、業務の変更もある
部下の指導もあるし、責任も取らなきゃならないなど
有期労働者とは違いがある場合には、説明ができると思います。

しかし、パートさんと一般の社員は何も違いがないよ・・・という
ところも多いのが実際ではないでしょうか。

そもそも事業場は1つだし、やってもらっている仕事も
全然変わらない、むしろパートさんの方が長く務めているので
新しい人の教育もお願いしているなど、ありませんか?

契約自由の原則で、本人がそれでいいと言って入社してきたのだから
それでいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、
本当に「それでいい」と思っているのかどうかによって
大きな違いが出てくるものと推察します。

残された時間はあと4か月弱です。
それまでに、会社としての問題点となろうところを洗い出し、
今後どうするのか検討していく必要があるのではないでしょうか。

合理的な理由をきちんとつけて、正社員に求めるものと
有期契約労働者に求めるものを分けるのか、
それとも同様にするのか、会社の考え方も問われています。

きれいごとを言う必要はないと思いますが、
どのようにしたら気持ちよく働いて貰えるのかなど検討していくことは
決して会社にとって損はないと思います。

これを機に、一度検討してみてはいかがでしょうか。