プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

備える保険

2013年1月31日19:08:29

こんばんは。
珍しく夜の時間帯に登場です。

明日から2月。
今年も12分の1が終わります。
でも、今月は私にとってはとっても長く感じたんですよね。。。
なぜだろう?

先日いろいろな生保や損保を扱っているという
方のお話を伺う機会がありました。

その際に、保険に入るには「告知義務」があるものがあり
薬を飲んでいたり、医者に通っていたりする中で
「入れない」とされるケースがあるというお話を聞きました。

どのようなケースかと尋ねた所、
例えば最近よく眠れないということで睡眠薬を貰って
少しだけ飲んでいたというような場合でも、
医療保険や死亡保険に入れないとされてしまうことが
あるのだそうです。

本人はちょっと眠れないからという程度に考えていたのに
いざ保険にはいるとなると、それは保険会社にとっては
「リスク」になってしまうため、結果として希望した
保険に加入できないということになるのだそうです。

最近は精神的に参ってしまう方が増えています。
健康保険や年金でも給付は用意されていますが、
誰にでも出るわけではありません。

こちらが支給されない状態でも、民間に入っていれば
そちらから…と考えると思いますが、
民間の保険に入れないということになると、
どこからも支給されない状態になってしまうことも
あり得るということです。

「保険」は備えるものであるけれど、
元気なうちは「そんなもの」と考えがちです。
でも、何かあった時ではすでに「遅い」現実があります。

不安をあおる必要はありませんが、
どのようなリスクが待ち受けているのかわかりませんから
元気なうちに、考えておくことがあってもいいのかもしれません。

ぜひ皆さんも一度検討するだけでもしてみてはどうでしょうか。

 


人への伝え方

2013年1月29日08:58:21

おはようございます。
毎日寒いですが、少しずつ季節は動いてきているようですよ。
そうそう、この頃の夜のお月様がとってもとってもきれいです。
寒い季節だからこその、月明かり。
結構好きなんですよね~寒いけど(笑)


さて、話変わりまして、
昨晩ある講演会&交流会に参加してきました。

講演会のときに、成功されている女性の方が講師として
お話をされ、ご自分の「よし」とされる方法論をお話になられました。

最初のころは、この方法は万全で、これを取り入れないなんて
信じられない!絶対今日からこれをやるのよ!

みたいな感じが私にはしてしまい、なんだかな~と
正直感じながら聞いていました。

そうしたところ、途中から「ご自分が今やっていて全く問題を
感じないのであれば、それをそのまま続けてください」という
コメントが何回も入るようになり、
皆の反応を見ながらご自分のスタンスを調整されたのが
伝わってきました。

今回の講演を聴いて、人に考えや自分の「よし」とする
事を伝える時の、伝える側のスタンスがどうであるかによって
相手にその言葉が入っていくかどうかが、とても変わってくる
のだなと、改めて感じる場面となりました。

私は産業カウンセラーの養成講座に携わっていますが、
そこでもよく感じます。
養成講座の場合は、「習おう」「勉強しよう」と思って
入ってきているという違いがあるにもかかわらず、
それでも、今までの違いを受け止められず、反発する人が
結構います。当たり前だよな~と思うところと、
せっかくお金払って勉強しに来たのにな~と思うところと・・・
とりあえずやってみて、自分には合わないと思ったら
そこでどうするかを考えてもいいのではないですか?と
私はそんなときお伝えするのですが、
こちらの伝え方、言い方一つでも、このような状態が
発生するのを防ぐことができるかな・・・と
自分を振り返るきっかけにもなりました。

 

 

 


体の弱いところ

2013年1月24日09:03:48

おはようございます。
雪がうっすら積もるような昨晩の天気予報に
嫌だな~と思っていましたが、積もらずに
お湿りがある程度でよかったです。
でも北日本はこれからまた大変とのこと。
寒い冬ですね。

さて、皆様は体に弱いところがありますか?
例えば、風邪をひく場合は、のどからとか、
熱からとか・・・

あとは、何かあるとおなかが~というような方も
いらっしゃいますよね。

私の場合は、それが耳のようです。

以前から数回耳の調子がおかしくなって
エコーがかかったようになる状態が起こります。

昨日も起きたらその状況になっていて、
「あらら。。。」ということでさっそく医者に行ってきました。

以前かかった時
「この状態はなったらすぐに来てもうのが一番いいんですよ」
という話だったので、時間も何とか取れましたので。

薬を貰って、また数日後に行くことになりました。

特に何があったというわけではなくても、
体に現れる場合は、やっぱり弱いところに出るんだなと
改めて実感しました。

知り合いには「ストレス?」と聞かれましたが、
忙しくさせていただいているのは確かですが、
そこまでは。。。。って感じですし。

早く完治したいものです。

 

皆さんも、頑張っているときなど自分の弱いところに
症状が出たりしますので、
そんな時は無理をせず、まずは治してください。

自分の弱さを認識するのも、力が要りますね。


従業員の離職

2013年1月18日09:14:36

おはようございます。
まだまだ雪が残る杉並区です。

ようやく普通に歩けるようになってきたのですが、
また来週雪が降るような話があるのが怖いです・・・・

さて、最近お手伝いさせていている会社で
結構退職する方が出ています。

自ら転職することを選んだ方や
そうでない方などいろいろ理由はあるようです。

退職される方も考えるところが勿論あると思いますが、
残される人たちにも結構影響があると思っています。

なんだか取り残されてしまうような感じや
ここにいていいんだろうかと思ってしまうことや
仕事が増えるのではないかとの不安や
様々な思いが起こったりすると感じています。

以前会社で人事部門にいたときにも
同じ部署の人が辞める時、それなりに皆
なんとなく不安になっているのを感じたものです。

離職者が出ると次の人の採用コストや教育コストなど
には目が行きますが、
残った人のそわそわした気持ちによる業務への影響は
あまり気づかれていないかもしれません。

でも、私は意外とこちらも結構影響があると考えています。

「ついてこれない奴は去れ」という考え方も一理ありますが、
残った人へのフォローはそれ以上に重要と考えます。

人は感情の動物です。

どうしても割り切れない部分に対して
どう接していくのかが、かなり大切であると
思いますが、みなさんはいかがお考えになりますか?

 


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年1月7日09:15:28

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日から仕事始めとなります。
年末年始、毎日グータラしていましたので
正月ボケが残りまくっていますが、
なんとか早く普段通りに戻りたいと思っています。

今年は、政財界などにおいても政権が変わり
世界のリーダーたちも変わったりしていることからでしょうか。
変わっていく期待を持っている方が多いように
感じています。

どうなるかわかりませんが、
まずは「よくなっていく」と信じていくことが
力を与えてくれるかなと感じます。

あとは、「人が何とかしてくれる」ではなくて
「自分が何とかしていく」ということだと思います。

誰のせいでもなく、しっかりできることできないことを
自覚しながら、頑張っていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 


今年もお世話になりました

[ テーマ: 日記 ]

2012年12月28日09:51:22

おはようございます。
今日で仕事納めという会社も多いのではないでしょうか。

今年は暦の関係で長めのお休みが取れる方が
多いようです。また寒波がやってくるようですが、
ゆっくりできるお正月となるといいですよね。

今年もなんだか世の中の動きが早くて、
いろいろな変化がありましたね~。
政権がまた逆転したこともそうですし、
労働法関係でも、目まぐるしくいろいろな法律改正が
なされています。

インフレに持って行くとの話ですが、
これもどうなっていくのでしょうか・・・・
経験したことがないだけに、怖い感じもしますよね。

政府が動けば世の中がよくなるという次元の
話なのだろうかとも思わなくもなく。。。。。

日本だけの問題じゃなくて、国際的にどうかという
視点から見ていく必要があるのでしょうし、
そのためには、日本国民全員が誰かが何とかしてくれる
ではなくて、一人ひとりが頑張ることで何とかなっていく
のではないかなと思います。

今のとんでもない国の借金をどうするのか、
痛みをきちんと受け止めて頑張っていく気持ちがあるのか
それとも、自分さえよければあとはどうでもいいという感じで
今までと同じようなことを続けていくのか。

来年はまたいろいろ変化があるのでしょう。
他人事にせず、向き合っていきたいなと私は思っています。

私は歯を食いしばって頑張っている人の支援者であれるように
来年も精進し、頑張っていきたいと思っています。

今年もお世話になりました。
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

 

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。


これからの日本

2012年12月18日09:00:32

おはようございます。
雨が降ってちょっとしっとりした感じの朝です。
夕べは、セミナーの後の懇親会後
すっかり傘の存在を忘れて途中まで来てしまい、
あきらめて帰ってきました・・・
最近傘を忘れることが増えてしまい、
年を感じるところです(泣)

選挙が終わりこれからのことがニュースで
語られています。

民主党から自民党に戻るということは
政策や考え方なども戻る部分もあるのでしょうか。

民主党になって、労働者寄りの法案がいろいろ
出来上がりましたが、今後それはどんなふうに
動いていくのでしょうか。

日本だけで事柄を決められるわけではなく、
昔の様にアメリカを見ていれば何とかなった
時代でもなく、途上国などの動向も見る必要があり、
鎖国をすればいいというものでもなさそうだと
私は感じています。

経済ではなく、もっとのんびり人口も減った中で
暮らしていければそれでいいんじゃない?という
意見も聞きますが、日本の国の力が弱くなれば
食べ物や石油などの輸入も今のようにはいかなく
なるのでしょう。

そうなれば、単に人口が減って、競争せずに
ゆったりと・・・とはならないのではないかと考えます。
都合のいいようには事は運ばないのだけは
確かだろうと思います。

総論賛成、各論反対の日本人ですが、
そうも言ってはいられないということは
周知のとおりだと思います。

今後、今までのぬるま湯日本とは違う方向に
いろいろな面で向かっていかざるを得ないのでしょう。

どうなっていくのか、きちんと見ながら
行きたいと思っています。

みなさんはどんなふうに感じていますか?

 


NPOフェスタで無料相談会

2012年12月12日09:08:20

おはようございます。
日本海側では大雪だそうです。
今年は寒気がダイレクトに日本に入ってきて
いるとのこと。風邪も流行っています。
体調管理には気を付けてください。

 

さて、毎年「杉並ワンストップ法務サポーターズ」で
参加しています「すぎなみNPOフェスタ」という催しが
今年は12月22日(土)に開催されます。

http://www.sugi-chiiki.com/nposupport/content_disp.php?c=509b4c1d52b42

そこで、我々SOSのメンバーが無料相談会を開催します。

杉並区にお住まいの方、それ以外の方でも
お気軽に相談をお受けいただけます。

ぜひご利用ください。

相談は予約なしでもできますが、
出来ればご予約をいただいていた方が、
確実に専門とする士業がご相談をお受けすることができますので、
予約していただくことをお勧めしております。

予約先等についての詳しいことは、こちらをご覧ください。

NPOフェスタ無料相談会

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号203-6427-7751
本山社会保険労務士事務所


決断、決心

2012年12月7日08:53:07

おはようございます。
今日は朝からいい天気!
その分冷えてますが・・・・
紅葉の葉っぱが本当にきれいです。
青空と紅葉の木々のコントラストってきれいですね!

最近いろいろな決断、決心をしなければいけない
事柄が立て続けに起こっていて、
かなり疲れます。

さっさと決めちゃえばいいじゃないとも思うのですが、
「よし!こうしよう」と思っていても、
少し時間が経つと、「待てよ・・・」というように
気持ちが揺らぐのです。

「やっぱり断ろうかな」と思えば
そのあとから「もうちょっと考えてみようかな」と・・・

自分としては結構決断は早いと思っているのですが、
今年は秋口から決断に迷うものがあって、
私自身が戸惑っているという感じです。

もう少し迷っていい時間があるものもありますし、
今日が一応の答えを出さなければいけない日でもあり、
何とかしなければ・・・

迷ったものをずっと持ち続けている方が、
「えい!」と決めてしまうよりも、もっとしんどいですね。


そんなことないですか?

迷われたとき、皆さんはどんなふうにしていますか?


実は結構強烈労働契約法改正

[ テーマ: 法律情報 ]

2012年12月4日09:45:59

おはようございます。
今日も朝から雨。しかも雨足が強かったり・・・
こんなに冬って雨多かったっけ?って
感じがします。
事務所の所員も熱を出しています。
皆様もどうぞ気を付けてくださいね。

さて、今日は来年の春施行が決まっている部分の
労働契約法について少しだけお話ししたいと思います。

この度の労働契約法の改正は、大きく以下の3つです。

①無期労働契約への転換
②「雇止め法理」の法定化
③不合理な労働条件の禁止

すでに②は施行されています。
今まで裁判で判決として出ていた内容が法律化されました。

新しくできたものとしては、①と③でこの部分が来年の春から
施行になります。

よく話題に上るのは①です。
来年の4月以降の契約したものから、更新し続けて
5年が経った6年目に労働者に「無期契約労働者」への
転換申し込みができ、会社はそれを受けなければいけない
というものです。

1年ごとの契約だから、「景気が悪くなったら、今年で終わりね!」
としようと考えていたのに、6年以降になると、本人が希望し、
申し込みをしたら、有期契約労働者の雇止めではなく、
期間の定めのない労働者として解雇なり整理解雇を厳密に
する対応が求められます。

この部分も勿論大変な変更なのですが、実際に問題が起こってくるのは
6年先の話になります。

 

それよりも、早くに問題としていろいろ出てくるだろうと思われるのが、
③の「不合理な労働条件の禁止」です。

これは、有期労働契約者だからという理由だけで、正社員との不合理な
労働条件を設けることを禁止するというものです。

例を挙げれば、
・同じ仕事をしているのに時給換算すると全然金額が違う。
・慶弔休暇を正社員にしか与えていない。
・退職金を正社員にしか与えていない。

というような、今普通にあることがダメですよと言われる可能性が
出てくるのです。
どうでしょうか?
「え?!」本当にそうなの?と思われるかもしれませんが、
来年の春から即求められる可能性があるのです。

勿論、期間の定めの有無だけの理由でなく、合理的な理由が
あれば、差異は認められます。
時給の問題にしても、正社員は転勤もあるし、業務の変更もある
部下の指導もあるし、責任も取らなきゃならないなど
有期労働者とは違いがある場合には、説明ができると思います。

しかし、パートさんと一般の社員は何も違いがないよ・・・という
ところも多いのが実際ではないでしょうか。

そもそも事業場は1つだし、やってもらっている仕事も
全然変わらない、むしろパートさんの方が長く務めているので
新しい人の教育もお願いしているなど、ありませんか?

契約自由の原則で、本人がそれでいいと言って入社してきたのだから
それでいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、
本当に「それでいい」と思っているのかどうかによって
大きな違いが出てくるものと推察します。

残された時間はあと4か月弱です。
それまでに、会社としての問題点となろうところを洗い出し、
今後どうするのか検討していく必要があるのではないでしょうか。

合理的な理由をきちんとつけて、正社員に求めるものと
有期契約労働者に求めるものを分けるのか、
それとも同様にするのか、会社の考え方も問われています。

きれいごとを言う必要はないと思いますが、
どのようにしたら気持ちよく働いて貰えるのかなど検討していくことは
決して会社にとって損はないと思います。

これを機に、一度検討してみてはいかがでしょうか。