プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

復職に関する規程

2014年4月7日10:15:15

おはようございます。
今朝は、少し冷えました。
4月はまだ気温が安定しませんね。
そういえば、私が大学入学の年は桜が咲いているのに
雪が結構積もったんですよね。
桜の上に雪・・そんなこともあるのですから。
風邪をひかないように気を付けてください。

さて、メンタルに関して、復職プログラムを作る際に
就業規則の別規則として、休職復職規程を作成される
会社もおありだと思います。

勿論、どこまでのことが記載されているかは会社次第ですが、
それまでも就業規則の中に休職・復職に関する規定は
盛り込まれているのが、一般的ですので
それを取り出して定めていくということになります。

より詳しく書いていくことが必要と判断されることもあるでしょう。
あるいは、就業規則本体の変更サイクルよりも
早いことを見越して、それだけを取り出すということも
あるのでしょう。

ですが、一つ気を付けていただけたらと思うことがあります。
別規則も就業規則です。
ですので、変更する場合には、労働契約法の縛りがあり、
不利益に変更する場合には、会社が独断で勝手に行うことは
出来ないということです。

ということは、いったん決めてしまったことは、そんな簡単には
変えられないということです。

今まで、休職・復職に関し実際に運用されたことがあって
ほぼ、会社としてやること、決まりが決まっているので
文章化するという、「実態」⇒「規則に落とす」方法は
いいのですが、
実際にはまだ何もやったことがないけれど、万が一のために
「規則を作成する」⇒「運用していく」という方法は
かなりリスクが伴います。
というのは、やったこともないことを想像で規則にしてしまう
ものだからです。

実際に起こった際、決まりとして作った事項が出来ない
ということも出てきたりします。
ですので、決まりから作ろうと考えられている会社が
あるようでしたら、もうちょっと待って、実際の案件が出て
それに対応した後でも、遅くはないと思います。

人によって対応が変わる、恣意的になりそうという
リスクももちろんありますので、そこは運用とはいえ
きちんと対応していただきたいのですが、
「規程」ありきもリスクがありますので、是非
ご検討いただけたらと思います。

 


若い女性の?貧困

2014年4月30日10:04:23

こんにちは、日本は今GW真っただ中。
今日もお休みの会社もあるのでしょうね。
反対に、私と同じように今日は仕事の所も。

先日テレビで若い女性の貧困が親の世代から
引き継がれているという内容の番組を見ました。

以前のような各家庭において父親だけが働き
女性は家庭を守るというようなスタイルでは
生計が成り立たなくなっているけれど、
女性が働きに出てると言っても、
いわゆる「替えが効く労働」につかざるを得ない現実。
従って、時給も安く、生活は苦しいばかり。

しかも、何らかの理由で片親であったり、
両親いたとしても親が働けない状態であったりして
家計を支えたりするので精一杯というような・・・

そこに出ている人たち、それぞれに今の状況から
抜け出そうと、大学や専門学校に通って資格を取って
何とかと頑張っていました。

その頑張りはとても必死で・・・見ていて痛いくらい。

だけど、その選択肢はどこから得た物?
いろいろ聞いて調べて、本当にそれがいいと思った?
と聞いてみたくなりました。。。

職業の何が良くて何が悪いとか言っているのではありません。

本当に続けて行けるのか、本当にやりたいと望めるものなのか
そういう気持ちがないと、結局頑張りが途中で終わってしまう
事にもなりかねない。

昔よりインターネットが出来た分、いろいろな情報に
触れる機会は確かに増えています。
でも、検索する側の知識がなければ、世の中にある
数限りない職業の情報にはたどり着かないのでは・・・

通常は親や、身近な人の職業しか知らないでしょうから・・
とっても狭い視野の中で職業選択をしている現実がある。

せっかくインターネットという便利なものが出来、
かつ以前よりずっとキャリアに関するアドバイスが貰えるような
状況にあるのですから、そういうものを積極的に利用して
様々な職業を知って、そこから選択できていったらいいのにな
と思ったのです。

今は男性でも同じような状況に
なってしまう可能性がある現実。
少しでもそうならないための方策が、単なる外側の
支援ではなく、本人が能力として何を持つのか何が
必要なのかという内側への支援がもっともっと
必要なのではないのかなと
考えされられるものでした。