プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

月変漏れ

2012年7月6日08:27:47

おはようございます。
昨日は、某労基署で労働保険年度更新作業の
お手伝いをしてまいりました。
提出期限まであと少しということもあり、
結構な数の企業の方がお見えでした。

1年に1回の作業なので、どうだったか忘れちゃったよと
おっしゃられる方も多く、「通常の確定申告よりも
難しいね!!」という感想が物語っているように感じました。

さて、労働保険もそうですが、社会保険の
「算定基礎届」もあと少しで提出期限です。

算定の準備をしていたら、給与に変動があった時期に
随時改定「月変」の提出をしなければいけなかったのに、
出し忘れていた!!というところも実はおありになるのでは
ないでしょうか。

私どもも、給与計算を請け負っていない会社において、
賃金台帳を1年分いただいて初めてわかって、
慌てて月変を出すことがあります。

そうなると、役所の手続きとしては
賃金台帳や出勤簿のコピーなどを添えて提出することで
遡って修正されますが、問題は社員への対応です。

保険料が安くなって戻すお金が発生するのであれば
まず揉めません。
高くなって追加でもらわなければならない時に、
文句を言われたり、いたたまれない思いを担当は抱いたり
せざるを得ないですね・・・

差額をもらわずに会社が支払うわ!!ということであれば
嫌な思いはしないで済むのかもしれませんが、
そうすると、この会社が負担した分は課税対象となりますので
また別な作業が必要です。

このような面倒なことがないように、嫌な思いを双方しないで
済むためにも給与額が変わったり、バイトから社員になった
などの変更があった時には、ぜひ細心の注意を払って
いただきたいと思います。

ご不明な点がありましたら、当事務所にご相談ください。


企業における傾聴の意義

2012年7月11日08:10:29

おはようございます。
今はまだ晴れていますが、
夜には雨が降るとのこと。。。。
まだまだ梅雨の終わりの時期がこれから
なんですね。あと10日くらいでしょうか。

先日産業カウンセラーとして
企業に対する傾聴の研修に一講師として行ってきました。

このような体験は初めてでしたので、
どんなふうに受講して下さる方がお考えになるのか
考えながら臨ませていただきました。

通常の産業カウンセラーの養成講座では、
資格を取りたい、カウンセラーとしてやっていけるようになりたい
など、積極的に傾聴ができるようになりたいと
お越しになられます。

ですけれど、企業の研修で、しかも営業成績を
上げなければいけないと考える人たちに、
傾聴がどんなふうに受け止められるのかと思っていました。

最初は、「そんなこと言ったってね~」というような感じが
透けて見えるような感じだったのですが、
ご自分がお話をする立場に立った時、状況が変わったようでした。

日常生活においては、自分の考えを否定や判断、評価など
されずに聞いてもらえるなんて言うことは、まず「皆無」だと思います。
ですけれど、「とにかく、相手を否定せず最後まで話を聞いてください」と
お願いをして、話を聴く、話すことをしていただいたのですが、
最後まで聞いてもらえるということは、とっても気持ちいいんだと
気づき、そうなると答えは自分の中にあって、だけど
背中を押してほしいと思っている自分にも気づいたとのコメントが
ありました。

お客様も、いろいろ相談されて、いつもは解決策をどんどん
提供しているけれど、実はお客様は答えを持っているのかも・・・
まずは聴いて信頼してもらって初めて、提案が受け入れてもらえるのかも
など、本当にいろいろな気づきを皆様方が手にされていました。

こちらとしては、自分の気持ちを素直に表現され、
多くの気づきを得ている、受講された方々の姿にすごいな!!
と感じながらそこにいました。

日ごろ、なんとかしたいという気持ちが強かったり、
成績をあげなきゃと思う気持ちが強くて、実は営業成績があがる
逆のことをしていたのかも。。ということかもしれませんね。

改めて、普通の営業などをされる方々への傾聴の意義を
私が実感した一日でした。
こんなことも、もっともっと伝えていかなければなとも
思った貴重な時間となりました。

 


街頭相談会

2012年7月18日08:21:06

おはようございます。
梅雨が明け、昨日はめちゃくちゃ暑かったですね。

今日も熱中症にならないように気を付けてくださいね。

 

さて、先週の金曜日の昼間、新宿の西口地下イベントコーナーで
専門家集団による街頭無料相談会があり、
それに参加してきました。

今年は社労士が主幹事だったようで、
メインとなられた先生は本当に大変だったろうなと思いながら、
末端の相談員として私は参加していました。

冷房がほとんどきいていない場所だったので
本当に蒸し暑かったです。

そんな中でも足を止めて相談くださる方々が大勢おられ、
いろいろ困っている方がいるんだなと
改めて感じる機会となりました。

でも社労士についていえば、相談件数が昨年よりも減ったそうです。
相談が減ることはある意味良いことなのでしょうけれど、
本当にいいことになっているとは思えず・・・
税理士さんや司法書士さんへの相談が増えているようでした。

相談というよりも、呼び込み要員だったかなとも
思える1日でしたけれど、呼び込みも結構楽しかったです。
「相談したってね~」とおっしゃる方や、
都庁が近かったので、「都庁に提案しに行ってきた!」と
ご自分のお考えをお話し下さる方などがいたり、
普通に歩いている芸能人が通り過ぎて行ったりと
なかなか社会模様が出ているのに気付いたりもできる
時間だったように感じます。

相談ではお役にたつことがほぼなかった1日でしたが
何らかのお役にたてていたら嬉しいなと思っています。


介護保険法改正によって

2012年7月23日08:17:35

おはようございます。
ここ数日涼しいというよりちょっと寒い感じまでする日が
続いていましたが、今日は暑さが戻ってくるとか。。。

涼しかったあとですから、余計に熱中症には
気を付けてくださいね。

さて、今年の4月に介護保険法が改正されています。
その改正された部分によって
介護サービス事業者が労働法規に違反して罰金以上の
刑に処された場合、事業者の指定取り消し処分等を
受ける可能性が出てきました。

労働法規に違反して罰金以上の刑に処されるのは
かなりすごいことなので、そうそうはないとは思われますが、
指導、勧告があったにもかかわらず、対処をしない
悪質だと判断された場合などには考え得る話です。

そうなった場合、事業の根幹である事業者の指定取り消し処分が
されてしまう可能性があるということになるわけです。

事業の存亡がかかってくるといっても過言ではないわけですね。

「これだけ苦しい中でやっているんだから、そんなのできるわけない!」
というような声が聞こえてきそうですが、それを許さないという
ことなわけですので、少しずつでも労働法規の違反を減らしていく
努力が必要となります。

御社の現状がどうか、一度チェックをしてみませんか?

簡単なチェックリストをご用意いたしましたので、
試してみてください。
もし、不安なことがございましたら、ぜひ当事務所まで
お問い合わせください。

 

本山社会保険労務士事務所
電話:03-6427-7751


最低賃金改正に向けて

2012年7月26日09:32:08

おはようございます。
今日も朝から暑いですね。
熱中症にならないように気を付けてください。

さて、昨日中央最低賃金審議会小委員会で
2012年度の最低賃金(時給)の引き上げ額の目安を、
全国平均(労働者数などを考慮した加重平均)で7円と
するとの報道がありました。

最終的には今日決定されるようです。

生活保護世帯との逆転現象が問題視されているところ
ですが、すべての解消とはならないようです。

また、民主党は以前時給1000円を目指すと言っていましたが、
このたびで744円とのこと。
ほど遠いですが、苦しい中小企業などを配慮して
上げ幅を小さくしたようです。

先月くらいだったでしょうか、東京のある街角を歩いていたところ
お店の窓ガラスに「募集」と求人が貼られていたのですが、
そこにあった時給が「800円」でした。
現在の東京の最低賃金は837円。
37円も最低賃金を下回っていることを事業主さんは
知らずに出されているのか、知ってて出しているのかは
わかりませんが、このような現実もあったりします。

最低賃金額で募集をかけているお店なども見かけます。
このたびの改訂は10月からの実施となると思われますが、
このようなお店での求人、および働いている人の時給も
変更する必要があり、お店の方は負担が大きくなるのは
確実です。

いろいろ言われていますが、どこに根本的な問題があるのか・・・
単に時給を上げれば、景気が良くなるわけではないわけで・・・
景気が良くなくても、生活できる生活環境および
生活の仕方なども考えていく必要もあるのではないかと
最近感じたりします。

電気の問題然り、生活の問題然り、
ここ数十年当たり前と思っていた生活スタイルは
当たり前じゃなくなっていくのかなと、
考えたりもしています。

金額が決定しましたが、ご案内いたします。