プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

ハローワーク

2011年6月2日14:26:24

こんにちは。
昨日から衣替えプラスクールビズが始まっていますが、
ここ数日寒いです。
電気のためにはいいのかもしれないけど、
こう寒いと反対に風邪をひきそうです。
気をつけないと!ですね。

この春から、勉強したいなという思いから
東京労働大学の講座に出ています。

毎回大学の先生が入れ替わりで講義をしてくださるのですが、
当たり前ですが、それぞれの先生の研究されている側面からの
話です。

昨日の先生は、ハローワークや民間の人材ビジネスについて
のお話でした。元々は就職あっせんの仕事は民間から始まったのが、
いろいろの事情から国がやることになり、
その後の国際条約等の関係から民間とともにやるということに
なってきたという流れなどのお話とともに、
現在の国がやっているハローワークの問題点を
熱く語っていらっしゃいました。

仕事の内容も良くわからず、求人を出している会社の
本当の姿も知らず、一方本気で仕事を探しているのかの
確認もままならず、中途半端な状態が仕事とのミスマッチを
生んでいるというお話であったと私は理解しました。

確かに、そこもあるな~と。
企業にいたころは採用も担当していましたからよくわかります。

そのほかにも、職業訓練。
私はこっちの方が問題じゃないのかなと個人的には思います。
本気でやる気でいる人に対して、失礼にあたるような
内容の講座だったり、反対に受ける人も、行っていれば
お金がもらえるということだけで行っていたり。

これらは働く人や会社が払う雇用保険料からお金が出ているのに・・・

もう少し有効に使って貰えないものかと前から思っていましたけど、
昨日の先生は、だいぶご立腹のご様子でしたね。

予算を出すときと決算時にどういうふうにやり、
どんな効果があったか、なかった場合はどう改善するか、
普通の会社だったら絶対普通にありそうな話ですが、
こういうサイクルって「官」にはないんでしょうかね・・・

 

 

 


定時決定の保険者算定の変更点

2011年6月8日09:40:35

おはようございます。
今日は朝から雨。
動くとムシムシするけど、じっとしてると
ひんやりしてくる変な感じ。
はっきりしてくれないかな~

さて、毎年恒例の社会保険料額を決定するための
手続き「算定基礎届」の時期が近づいてきました。

今年から4月から6月の月の残業が多く、他の月と比べると
そこだけが突出していた人たちへの配慮の取り扱いが
行われることになりました。

【具体的要件】

① 通常の4~6月の3カ月の報酬を元に算出した標準報酬月額

②過去1年間(前年7月から当年6月)の月平均報酬額
 (支払い基礎日数が17日未満の月を除く)から算出した標準報酬月額

上記①と②を比べ、2等級以上の差があった場合で、かつ
業務の性質上、例年発生することが見込まれる場合
には、「申出」を行うことにより、②の過去1年間の月平均報酬額
によって算出した標準報酬月額によって算定される。

 

3月決算の会社の経理の人や、4月の新入社員受け入れや
人事異動などによって繁忙期を迎える人事労務の担当の人などは
この要件に該当する可能性があります。

4月から6月だけの給与額をもって決定するため、
他の月と比べて異常に高い場合の配慮ですので、
控除される保険料額は少なくなります。

ただし、反対に傷病手当金などを貰う場合や
将来年金をもらうときには、低い標準報酬月額をもって
給付額や年金額が計算されますので、そこを理解しておく
ことが求められるでしょう。

今現在が少なくて済むと考えるか、
何かあった時や、将来に少しでも多くと考えるか
によって違いが出てきそうです。

ちなみに、私がお手伝いしている会社が加入している
健保組合では会社の「申立書」と
従業員の「同意書」の提出を求めています。

従業員にも理解しておいてもらう必要があるということですね。

各健保組合によっても考え方があると思いますので、
事前に問い合わせし、確認することをお勧めします。

 

 

 


定時決定変更注意点(追加)

2011年6月14日12:58:56

こんにちは。
今日は暑くないので、ちょっと落ち着いています。
これくらいまでの気温がいいな^^;

さて、先日今年の定時決定の変更事項の
4月~6月までが他の月に比べて突出して金額が高い
場合の取り扱いについて書きました。

その時、申出書および同意書の話をしていましたが、
どの保険者に対しても事業主の「申出書」および
従業員の「同意書」が必要になるとのことですので、
付け加えておきます。

事業主としては保険料が安く済むわけですから、
該当するのであれば取り入れたいと思うと思います。
一方従業員の側からすると、確かに目先の給与からの
控除額は少なくて済むわけですから、そこは
メリットと言えると思います。
しかし、病気で働けなくなった時に申請する傷病手当金や
将来の年金の金額はその分だけ少なくなるので、
この点から言えばデメリットといえます。

それらが分かった上で「同意書」を出すということになります。
やみくもに出させられるわけではありませんので、
どうして同意書が必要なのか、担当者の方には
該当する従業員の方とよく話しい、わかった上でどうするかを
決めていただけたらなと思います。

 


そうか~

2011年6月17日09:40:12

おはようございます。
今日は朝から雨。
気温は低いのかもしれませんが、
やっぱりちょっと動くと蒸し暑い。
これからが怖いですね。

昨晩、今年から始めた勉強会の実質第3回目?が
ありました。
昨日から新しいメンバーにも参加してもらっての
開催でした。

1時間半くらいああでもない、こうでもないと
いろいろ話をしていたのですが、
「今回のことをやって、それを私がどうしたいのか?」と
聞かれ、わかったことで皆に有益だと思えることを
伝えていきたいとは思っているけれど、
それでどんなお金儲けというか、自分の仕事のアピール
ポイントとして活かしたいのか、という視点からそういえば
考えていなかったなと思ってしまいました。

日頃からそうなのかもな・・・と。

極端なことを言えば、それを持って売り込んでいきたい
というようなところが抜け落ちているのかもしれません。

それでは、いけないんでしょうね、たぶん。

「お金は後から付いてくる」という考え方って
普通会社ではあり得ないのでしょうし、
そういう世の中なのでしょう。

う~ん。。。改めて考えさせられています。


SOSの交流会を開催します。

2011年6月23日10:23:18

おはようございます。
昨日は晴れたのもありますが、
一気に暑くなりましたね。
いつもだったらどこか部屋などに入れば
涼しいのですが、今年はクーラーの設定温度が
高いだけあって、思ったよりもすぐには涼しさを
感じることができないので、やっぱり
節電なんだな~と感じます。

 

さて、年に2回くらい開催しています
「SOSの交流会」を
7月29日(金)19時から開催します。

お店はまだ決まっていませんが、
阿佐ヶ谷近辺になります。

杉並にお住まいの方はもちろん、
来ていただけるのであれば、どこからの参加も
大歓迎です。

どのような方という限定も全くありませんので、
ちょっと興味があるかな!と思われた方、
是非是非思い切ってご参加ください。

取って食ったり、契約を取ったり、何かに勧誘するなど
は絶対ありませんので、ご安心ください。

まだ不完全なご案内になってしまっていますが、
交流会のご案内はこちらになります。

 

 


初めての体験

2011年6月30日10:22:40

こんにちは。
昨日は6月としては異例?の酷暑でしたね!
なんでこんなに早くから、しかも節電が必要な
今年に限って、こんなに暑くなるの~!!
って感じですね。
計画停電なんてことにならないように、
さらに節電に努めなくては!ですね。

さて、私がお手伝いをさせていただいている会社の
算定基礎届の準備で今大わらわなのですが、
その中に郵送ではなくて、賃金台帳等と一緒に
窓口に来い!というお知らせの入っていた会社がありました。

ケンポ組合などでは毎年きちんとできているか確認作業と
共に提出でしたが、年金事務所、その前の社会保険事務所では
初めてのお呼び出しです。

社保は税務署と違ってお調べないし、適当に書いておいても
大丈夫だよという声を聞いたことがありましたが、
そういう会社が、今回の会社のようなお呼び出しを受けたら
どんなことになるのだろうとちょっと想像してしまいました。

会社はたたけば必ずと言っていいくらい埃は出ます。
でも、少しずつでも是正をし、社会的責任を取っていこうという
姿勢と行動が必要なのではないかなと思います。

今の社会保障制度がいいかどうかは別問題ですけどね。。。

いずれにしても、ちゃんと給与に対し算定基礎届の数字が
正しく申請されているかどうかのお調べってあるってことですね。