プロフィール

本山 恭子お話を聴かせていただいて、何を良しとするかを一緒に考える、気持ちを大切にするがモットーです。

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (57)

法律情報 (2)

お得な情報 (18)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 09月

2016年 02月

2015年 11月

2015年 09月

2015年 03月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 01月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

研修委員

2013年5月28日09:22:43

おはようございます。
早いもので今年ももう梅雨入りという言葉が
聞こえてくるようになりました。
アジサイの花も色づいてきてますし、
季節がどんどん進んでいきますね。

 

さて、私は社会保険労務士会の中野杉並支部という
支部に所属しているのですが、そこの研修委員長を今年
拝命することになりました。

研修委員のメンバーは私を含めて8名で構成され
これから2年間支部で、あるいは新宿と合同の統括支部
での研修の企画、実施をしていくことになりました。

昨晩阿佐ヶ谷にて第1回目の打ち合わせ会を持ち
皆様と今後どんな行事がありそうか、どんな役割を
になってもらう可能性があるのか、などの話をしました。

勿論通常の仕事を持ったうえでボランティアでやっていただく
事になるため、負担に思うところはあります。

でも、何かしらの恩恵を受けているのであれば
その恩にお返しをしていくことは大切かなと思うところあり、
引き受けさせていただきました。

昨日の打ち合わせは簡単に済み、
その後懇親会ということで近くの居酒屋さんで開催。

結構みなさん飲まれることがわかり、お酒が入ると
口も軽くなり、いろいろな話題で盛り上がっていました。

研修って何をどうやったらみんなに喜んでもらえるのか
結構難しいんですよね・・・・

これからまた一つ大変なことが入り込んできますが、
メンバーのみなさんの力を借りて何とか
乗り切っていかなくちゃと思った昨晩でした。

近況報告でした・・・・


この記事へのコメント (1)

渡辺  清   2013年5月30日 09:04:44

社労士さんへ

労働市場で、社労士として、国、企業、労働者、またその日本の労働問題は今に始まったことではなくて、何年もかけてじわじわと悪くなってきましたね。非正規社員が 虐げられてる一方、正規社員もその立場を失うことを恐れ、「仕方ない」と口にしながら、半ば自ら進んでサービス残業に励む等、過重労働をせざる をえない状況に追い込まれていますね。過労死問題やうつ病による自殺などの件数も心配です。
我々従業員とその家族が社労士さんに期待していること。
それはコンプライアンスの徹底ですね。
いくら労働者保護のために法律が改正されても、企業にそれを守る気がなければ、また法律について知識がなければ意味がありません。企業には外部から圧力をかけられないと、気が付けない、修正できない難点があります。私は多くの犠牲がありながら、改善できない局面をいくつも見てきました。
社労士さんとして、そこに介入し、一つでも多くの会社にコンプライアンスを徹底させ、労働者にとって働きやすい環境を整えること。 これにより企業と労働者の軋轢を無くし、お互いが良い関係を築けるようにすること。
これからの時代、そういうことがますます社労士さんに期待され、求められることになると思います。
社労士さんとは、労働問題で、歪み、軋んでいる社会が円滑に動き出すための潤滑油となりえる重要な存在なんだと思います。 本山さん頑張ってください。

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。